最新口コミ情報

口コミページはこちら

ジョギング総合情報サイト

ダイエットに有効な走り方

ダイエットを目的としている方の場合、体脂肪を効率よく燃焼させる走り方をすることができれば効果が実感でき、走ること自体もますます楽しむことができるようになるのではないでしょうか。ということで、ダイエットに対して効果的なジョギングの仕方を特集しました。

20分以上走る

ダイエットのためのジョギング」のところにも書いてありますが、脂肪が運動のエネルギーとして本格的に使われ始めるのが20分以上有酸素運動を続けた後なのです。

もちろん20分に満たない時間でも脂肪燃焼効果がない訳ではないので、連続して20分取れないのであれば10分でも15分でも運動したほうが確実に脂肪は燃焼します。

ゆっくりと走る

体脂肪が最も燃焼しやすい運動強度は、最大心拍数の50%から65%ほどであると言われています。ゆっくりと長時間継続して走り続けるのが脂肪燃焼には効果的です。

一時的に激しい無酸素運動をするのでは、たとえ消費カロリーが高くても脂肪はあまり消費されません。

筋トレの後に走る

ジョギングの事前に筋力トレーニングを行うことで、成長ホルモンの分泌が促されるために、体脂肪がより燃焼されやすい状態になり、結果としてジョギングの効果が上がります。
 筋力トレーニングを行うのであれば、その後ジョギングもする、というふうにトレーニング計画を組むといいのではないでしょうか。

食後よりは食事前に走る

食後すぐ走るのはあまりよくありません。食事を摂ると血糖値が上がってしまうので、走ってもエネルギーとして消費されるのは主に糖質になり、あまり効率よく脂肪は燃焼しないからです。空腹時に走るのも、怪我の可能性が高くて避けたほうがいいでしょう。

そのため、空腹でない食事前の時間がダイエットのためのジョギングに一番向いている時間であるといえます。

終了間際はややスピードを上げる

脂肪燃焼を目的に走るとき、ゆっくり走ることが重要視されるのは、1つには長く走り続けられるため、もう1つは糖質よりも脂肪を優先的に燃焼させるためです。
 ですので、ある程度の時間走ったらもう多少ペースが上がっても脂肪は効率的に燃焼してくれますから、終了間際にペースを上げてみることでよりエネルギーを使い、より多く脂肪を燃焼させることができます。

おすすめルームランナー