最新口コミ情報

口コミページはこちら

ジョギング総合情報サイト

ジョギングは屋内で

ジョギングといえば普通は自分の家の近所など、外を走っている姿を思い浮かべるかと思います。しかし、外で走るということには、些細なように見えて実は意外に大きなデメリットがいくつもあります。

目に見えないガスの恐ろしさ

外で走るのは景色も見れていい気分で走ることができるでしょうが、今の時代では車の排気ガスなどといった目に見えない空気の汚れが充満しており、そんな空気をいっぱいに吸って有酸素運動を行うとかえって健康を害する恐れがあります。

排気ガスに含まれる一酸化炭素が赤血球のヘモグロビンと結合し、酸素が結合できなくなってせっかく運動しても酸素吸収の効率が落ちてしまいます。
 排気ガスの有害物質はそれだけではありません。長年ジョギングをしながら排気ガスを吸い続けたせいで肺ガンにかかってしまったという人もいるほどです。

普段空気を吸っていてももちろんそんな有害物質を体に取り込んでいるという自覚は感じませんが、だからこそ気がついたときには取り返しのつかないことになってしまう可能性があるので、走る環境には最大限の配慮をするべきです。

外には障害物がたくさん

ほかにも、外で走っていると、どうしても外的要因が密接に関わってきて、一定のペースで走り続けるという目的の障害になってしまうようなものがいくつかあります。

ジョギングコースに人が多いと避けようとして多少ですがペースは乱れますし、かなり人が混んでいるところですと歩かなくてはいけなくなることもよくあるでしょう。
 また赤信号に出くわしてしまったら、その場で足踏みするしかありません。ペースを取り戻そうとしたら、かえって心拍数が高くなりすぎてしまう場合もあるでしょう。

長時間継続することが肝心な有酸素運動としては、きちんと効果を出したいのであればこのあたりにも気を遣いたいところです。些細なことではありますが、安定した室内環境であればこういう事態は起こりえず、何にも邪魔されずに自分のペースで走ることができます。

実は足に厳しいジョギング

またジョギング・ウォーキングは実は足腰にかなりの負担をかける運動であるため、走る地面の状態もそれに適したやわらかいものであるほうが好ましいです。

特にジョギング、走っている状態では基本的にずっと片脚で着地することになりますが、片脚で地面に着地する瞬間に足にかかる衝撃は体重の実に3から5倍といわれています。体重70キロの方ですと、210~350キロというとてつもない衝撃になります。
 着地の瞬間、一瞬だけの出来事ですのでそれだけの負担を足にかけながら運動しているというふうにはなかなかイメージしづらいのですが、長時間継続して走るため、硬い地面で走っていると数時間もすれば足が痛くなってくるはずです。場合によっては怪我にもつながってきます。

硬い地面は、ジョギングをするのにいい環境とはとても言えません。むしろ非常に危険で避けるべき環境です。しかしながら今は外に出て走ろうとしても、おそらくほとんどの場所は硬いアスファルトで舗装されてしまっていることでしょう。

今の時代、人があまりいなくて走りやすく、信号もなくて地面が柔らかい土であり、かつ長時間走れるほどの長さ・広さを持った場所を探すことはなかなか難しいことなのです。

「いつでも、どこでも」できるわけではない

また、なんといっても天候に影響されるという部分が非常に大きいです。たとえば、雨が降ってきたら地面の状態も悪くなりますし雨合羽でも着ない限りジョギングはできません。これでは梅雨になってしまったら走れませんね。雨だけならまだしもこれが雪や台風などとなれば尚更です。
 それと夏場に強い日差しの中汗を大量にかいて走るのは熱中症や脱水症状などの恐れがあり非常に危険です。

それに、日中では紫外線にモロに当たってしまうためにお肌の状態も気になるところです。健康のために走っていたつもりが気がついたら紫外線で肌がボロボロになっていた、なんてことになってしまったら目も当てられません。

また、紫外線対策と同時に日焼け対策も必要になってきます。かといって夜になってしまうと人が少なく暗くなってしまって特に女性の方ですとなかなか危険なので、難しいところです。

ルームランナーのすすめ

つまるところ、走ることは脂肪燃焼・健康増進・体力強化などなど非常にさまざまな好影響をもっている素晴らしい運動であることは間違いないのですが、それを外でやろうとすると幾つも幾つも気を遣わなければならないものがあり、完全にそれらすべてに十分に配慮することは事実上不可能に近く、外でのジョギングはやりづらいし体によくない、ということになります。

そこでおすすめしたいのがルームランナーです。自宅にルームランナーが1台あれば、それだけでもう磐石です。外がどんな天気だろうと空気だろうとまったく関係なく、走るルートの障害物なども当然一切なく、走行面のクッションが足の負担を和らげ、一切の不安なく好きな時間に好きなだけ運動を行っていただけます。どんな時でも気軽にできるので、ストレス発散にも繋がるでしょう。


おすすめルームランナー