最新口コミ情報

口コミページはこちら

ジョギング総合情報サイト

ジョギングの走り方

ジョギングにおける2種類の主だった走り方と、疲れないで走るためのコツをご紹介します。

ジョギング時の走法

走法にはおもに2種類あり、ストライド走法ピッチ走法と呼ばれています。

ストライド走法は、ストライド(歩幅のことです)を広く取って、全身を使って飛び跳ねるように走る走り方です。長距離走の観点から見ると歩幅を広く取ることができるので有利ですが、足にかかる負担が大きくて疲れやすいです。筋力の強い人が使う走り方だといわれています。

ピッチ走法は、歩幅を狭くして足の回転を早くする走り方です。疲れにくく、日本ではこの走り方をする人が主流であるといわれています。
 しかし、「日本人はピッチ走法」と言われすぎているせいで「ストライドは狭く」と意識しすぎてしまうあまり極端にストライドが狭く、不自然な走り方になってしまっている人も少なくありません。

ただ、「ストライド走法は疲れやすいからピッチ走法にするべきだ」といって無理に歩幅を縮めたりするのは逆効果です。自分に一番合ったストライドはその人が経験の中で徐々に把握していくものであり、こうあるべきだ、と指摘され矯正されるべきものではないからです。

しかし、いま自分は自分に一番合ったストライドで走っていると思っている人でも、自分の走力が伸び悩んでいるようであれば見直してみて試行錯誤でいろいろ試してみるとよいでしょう。うまくいけば、今までよりも快適に走れるようになるかもしれません。

疲れないで走るためには

できるだけ疲れないで長距離、長時間走り続けることができるようになるためには、いくつかコツがあります。

たとえば、水泳と同じで呼吸するときに息を吐くことにより意識をもつこと。息を完全にしっかり吐ききることで新鮮な酸素を取り入れやすくなるため、疲れにくくなります。また背筋を伸ばして胸を張ると、胸郭が開くためにより呼吸もラクになります。

飛び跳ねるように上下に激しく動いてしまうような走り方では足にもどんどん負担がかかりますし、疲れは溜まりやすいです。なるべく上下にぶれない安定した走りになるよう意識しましょう。
 かかとで着地してからつま先で地面を蹴るまで、体重移動をよどみなくゆるやかに行うことが、負担を少なくするために大切です。
 また腕の振り方でリズムを作ることで足を前に出しやすくすることができ、少ない負担で走るエネルギーを作り出すことができます。

これらのことをもれなく満足するような正しいフォームを保っていれば疲れにくい走りができるようになります。

おすすめルームランナー